成功者に共通する隠された「特徴」

副業

「まだ本気

出してないだけ。。」

 

 

こうやって

いつも言い訳ばかり

していませんか??

 

 

 

 

どうも!

就活ギャングの

カワハラです!!

 

 

今回は、「行動」することの

大切さについて

お話ししたいと思います。

 

 

まず動く

 

二匹のカエルが、牛乳の入った

バケツに落ちてしまいました。

 

 

這い上がろうとしましたが、

バケツの縁までは高く、壁は

つるつるしてどうにもなりません。

 

 

一方の、諦めの早いカエルは

もう一匹に向かって言いました。

 

 

「もうだめだ。僕たちはここから

出られないよ。」

 

 

そして目を閉じ、バケツの底に

沈んでいっておぼれ死にました。

 

 

もう一匹の諦めの悪いカエルは

 

 

「いやだ。死にたくない。

何とかならないのか。」

 

 

 

と、とくかく泳ぎまわり、

出口を探したり、

跳び上がったりしていました。

 

 

そうこうするうちに、いつの間にか

足元のミルクが固くなってきました。

 

 

かき回された牛乳がバターに

変わっていたのです!!

 

 

カエルはその上から跳びあがって、

バケツから出ることができました。

 

 

どんなに苦しい状況でも、

時には絶望かと

思われるような状況でも、

 

 

必ずできることはあります。

 

 

考え込んでいても

活路は開けません。

 

 

立ち止まらずに、

動き続けて

ください。

 

 

そうすれば、思いがけない

可能性が見えてきます。

 

 

とにかくやってみる

 

やるかやらないか迷ったら、

とりあえずやらないことにするのが、

成功しない人。

 

 

やるかやらないか迷ったら、

やってみるのが成功者です。

 

 

やってみれば、失敗することも

あると思います。

 

 

しかし、少なくとも、この方法は

失敗すると知ることができます。

一歩前進です。

 

 

失敗を後退することだと考えているとしたら、

それは、大きな勘違いです。

 

 

行動し続ける限り、後退はありません。

 

 

たとえ失敗が続いたとしても、

後退はありません。

 

 

唯一、

後退があるとしたら、

それは、

何もしないことです。

 

 

とりあえずやらないことを、

前進もしない代わりに後退もしない

原点維持だと思っている

かもしれませんが、それは違います。

 

 

あなたは原点維持のつもりでも、

周りは動いているのだから、

いつの間にか少しずつ、

後退していきます。

 

 

 

もちろん、「これはやらない」と

断言できることはやらなくて

いいと思います。

 

 

でも、もし迷ったら、とにかく

やってみてください。

 

 

人が後悔するのは、やってしまって

失敗したことよりも、やらなかったことに

ついてです。

 

 

恐怖心と向き合う

 

昔、遠い国の山奥に、恐ろしい

巨人が住んでいました。

 

 

約3mの巨体にもじゃもじゃの赤毛と

赤いひげ、そして手には大きな斧。

 

 

その姿で、毎年、同じ日の同じ時刻に、

麓の町の城壁に立ち、叫ぶのでした。

 

 

「おい、お前たちの中で一番の勇者を

連れてこい。そいつと戦ってやるから。

さもないと城壁をたたき壊して、斧で

皆殺しにしてしまうぞ。」

 

 

そこで、毎年、城壁の門がおそるおそる

開かれ、一人の哀れな勇者が歩み出て、

敵と来たるべき死に立ち向かっていました。

 

 

そして、まるで巨人に魅入られたかのように、

剣を抜くことすらなく立ち尽くし、その大きな

こぶしで叩き潰されて、斧でこなごなに

砕かれてしまっていました。

 

 

ある日、この町にひとりの

若い王子がたどり着きました。

 

 

「この町の人々はどうしてみな、

おどおどと悲しげな顔をしているのだ?」

 

 

王子がそばにいる旅人に尋ねました。

旅人は言いました。

 

 

「あなたはまだ巨人を見たことが

ないのですね。」

 

 

「巨人だと??」

若い王子は興味をそそられました。

 

 

旅人は王子に巨人の話をしました。

 

 

「ちょうど今日が、毎年

巨人がやってくるその日です。」

 

 

やがて日が暮れて、いつものように

巨人が現れました。

 

 

「おい、町一番の勇者を連れてこい。

戦ってやるから。」

巨人が叫びました。

 

 

「ここにいるぞ」

待っていたのは、若い王子でした。

 

 

かれは門をさっと開くと、勇敢にも

一歩踏み出すと、巨人を見上げました。

 

 

ところが、巨人からはまだずいぶん

離れていたにも関わらず、そのあまりの

大きさに、王子はたちまち

打ちのめされてしまいました。

 

 

しかし、このまま立ち尽くしても

結果は見えています。

 

 

王子はありったけの勇気をふりしぼると、

巨人のほうへ歩きだしました。

 

 

剣を構え、その恐ろしい形相から

決して目をそむけませんでした。

 

 

突然、王子は気がつきました。

歩み寄るほどに、巨人が大きく

見えてくるのではなく、逆に

小さく見えてくるのです。

 

 

見えてくるのではありません。

実際に縮んでいくのです。

 

 

王子がいったん立ち止まって巨人を

にらみつけたとき、巨人の背丈は

約1,5mになっていました。

 

 

さらに近寄ってにらみつけました。

いまや巨人の背丈はたった60cm

しかありませんでした。

 

 

そうして、王子の剣が届くほどに

近づいたときには、巨人の背丈は

たったの約36cmになっていました。

 

 

王子は剣をとると、巨人の心臓を

貫きました。

そして地面に伏し死にゆく巨人のそばに

屈み込み、尋ねました。

 

 

「お前は誰だ?」

 

 

最後の息を引き取りながら、

巨人は答えました。

 

 

「私の名は恐怖です。」

 

 

恐怖心をなくす方法は、

ただ一つです。

 

 

行動することです。

 

 

プールの飛び込み台で飛び込もうか

飛び込むまいか迷っている時は、

足が震えます。

 

 

しかし、飛び込んでしまえば、

恐怖はありません。

 

 

それどころか、それが快感で

あることに気が付きます。

 

 

行動を起こせば、

恐怖は消えます。

 

 

行動している人に、

恐怖はありません。

 

 

無料プレゼント公開中

 

~無料プレゼント公開中~

 

・就活でバイトに入れない

 

・就活の出費がかさんでいる

 

・急な出費で今月ピンチ。。

 

・手っ取り早くお金を稼ぎたい

 

・ラクしてお金稼ぎたい

 

そんなあなたに向けた

 

完全無料プレゼントです。

 

 

この情報はググっても

出てこないように制限しています。

 

単刀直入に言います。

 

 

1日5分で10万円を

確実に稼ぐ方法

30ページにわかりやすくまとめました!!

 

 

このブログを読んでくださった

優秀なあなたに、特別に無料で公開します。

 

 

しかし、かなり極秘情報。。

 

 

本当は、全員にお配りしたいのですが、

そうは行きません。

 

 

苦渋の決断ではありますが、

 

 

限定7名

 

 

とさせていただきます。

 

 

そのうち、有料にしようと考えているので

タダで受け取りたいなら、

今すぐ受け取ってください。

 

友だち追加
(友達追加していただくとプレゼントできます。)

 

こんな画面が出るので、

 

 

 

「追加」を押して、受け取ってください!!

 

コメント