就活で、重宝されるたった一つの長所とは?

就活

インターン?学生団体?

まったく必要ありません。

 

たった一つのことをするだけで

あなたは絶対的就活強者です。

 

 

しかも、90%以上の学生が

この事実を知りません。

 

 

「就活一人勝ち」状態を

作るのは、

このブログを読んでいる

あなただけです。

 

 

どうも!

就活ギャングの

カワハラです!!

 

 

「御社で活躍できる人物像は

何ですか??」

 

 

おそらく、就活で一度は

耳にする筆問だと思います。

 

 

まあ、聞くのは当然ですよね。

 

 

僕も聞いていましたから。笑

 

 

でも、この質問がいかに

愚問でだったか、会社に入って、

そして独立してわかりました。

 

 

今回はそれをお話して

最後に「答え」を出したいと思います。

 

 

この質問の目的は??

 

就活本や学校のキャリアセンターで、

 

 

「この質問はしなさいリスト」みたいなのに

必ず入っているから、就活生はとりあえず

質問していると思います。

 

 

そして、会社がどんな人物がほしいのか

わかれば、それに合わせたPRをすれば

受かる確率高まりそうですよね。

 

 

一度でも会社説明会など、

言ったことのある方なら、

わかると思いますが、

 

 

 

御社の求める人物像を

教えてください!

 

(若き日のカワハラ)

 

 

はい。御社の求める人物像は

・コミュニケーション能力がある人物

・向上心がある人物

・勉強熱心な人物

 

以上です。

(採用担当のAさん)

 

 

こんな感じで質問して、

こんな感じで回答が来ます。

 

 

なるほど!!!

コミュニケーション能力があって、

向上心と勉強意欲があれば、

いいんだ!!!

 

 

簡単じゃん!!!

 

 

。。って、よく考えたら

わからんぞ( ;∀;)

 

 

どの会社にしても、

回答は、似たり寄ったり。。。

 

 

しいて違う点をあげるなら、

企業独自の表現をしているくらいです。笑

 

 

「〇〇(企業名)ビジョンを達成できる人物。。」

 

 

は!?!?

もっと、わからん!笑

 

 

結局、言っていることを紐解けば

一緒でした。

 

 

でも、他の就活生は神妙な顔つきで

メモを取っていました。

 

 

 

おそらく、頭の中は「?」が

浮かんでいたと思いますけどね。笑

 

 

だから、むやみやたら聞いても

意味がありません。

 

 

しっかりと

「どんな答えが欲しいか」を

ある程度想像して

質問しなけれななりません。

 

 

会社の求める「真」の人物像とは?

 

はっきりと言わせてもらいます!

 

 

人物像なんて聞かなくてもいいです。

ナンセンスです。

時間の無駄です。

 

 

なぜなら、

 

 

一つしかないからです。

 

 

これは、会社に入り会社の実態を知って、

そして、独立して自分でお金を稼ぐように

なって気が付きました。

 

 

たまに就活相談をしているので、

 

 

「会社ってどんな人ほしいと

思う?」

 

 

と聞きます。

 

 

やっぱり、理解していない人が

多いんですね。

 

 

この前、話した子は、どや顔で

「有能な人(‘Д’)」と言い放っていました。

 

 

 

うん。確かにそうですけど。

 

 

それは、会社側が言う

「コミュニケーション能力がある人」って

言っているのと同じで、抽象度が高すぎて

行動に移せません。

 

 

僕は、声を大にして言いたいのですが、

もっと本質的な部分を理解したほうがいい

と思っています。

 

 

そもそも、あなたが入ろうとしている

「会社」ってどういうところなんでしょうか。

 

 

会社の定義は、

「営利を目的とする社団法人」

(Wikipediaより、引用。)

 

 

ここに「答え」が隠れていますね。

 

 

会社は、営利を目的としています。

 

 

つまり、儲けないとダメなんです。

 

 

だったら、その「会社」には、どんな人物が

いてほしいのか。。。

 

 

もうあなたは、理解していると思います。

 

 

利益を上げられる人間。

 

 

これですよね。

これができる人間しかいりません。

 

 

コミュニケーション能力も

向上心も勉強意欲も、すべて

「利益を上げられる人間」

なるための一つの要素でしかないんです。

 

 

だから、会社説明会で聞くまででもなく、

会社の定義を理解して、少し考えれば

「答え」は簡単に導き出すことができますね。

 

 

「利益を上げられる人間」になるために。。

 

ここまで話しても、

 

「どうやったらいいか、わからない」

「結局、抽象度高いじゃないか」

 

 

と、あなたは感じたかもしれません。

 

 

しかし、これは簡単ですよ。

 

 

お金を稼ぐだけなんですから。

 

 

しかし、そう言うと、大半の学生が

 

 

「自分は、バイトでバリバリ稼いでいるから

大丈夫ですね♬」と言ってきます。

 

 

バカ。バカ。大バカ!!!

 

 

バイトは、お金を「もらっている」だけです。

 

 

企業と雇用契約を結んで、

労働力を売る代わりに

対価として、お金をもらう。

 

 

これが、アルバイトです。

 

 

もっと、あなたには

本質的な部分を理解してほしい。

 

 

じゃないと、絶対に就活で失敗します。

 

 

コミュニケーション能力とかいう

謎の能力に惑わされる

就活になってしまいます。

 

 

でも、さっきもいいましたが

「お金を稼ぐ」っていうのは

難しいことではないんですね。

 

 

なぜなら、今も昔も変わらない

絶対的な法則があるからです。

 

 

必要な人に必要なものを売る

 

 

これだけです。

 

 

お腹がすいたから、コンビニで

おにぎりを買う。

 

 

漫画の最新作が読みたいから

本屋で漫画を買う。

 

 

すべて、需要と供給

お金は動いています。

 

 

だから、こういう「商売の仕組み」

少しでもいいから勉強して、

実践してください。

 

 

100円でも1000円でもあなたの力で

稼ぐことができたら、

面接で堂々と、

 

 

「ゼロから利益を生み出しました。」

言っていいんです。

 

 

インターンや学生団体よりも

何百倍も価値があります。

 

 

なぜなら、会社が最も欲しい人物に

ドストライクでPRしているのですから。

 

 

早く始めないと意味がない

 

ここまで読んでいただいたあなたは、

「しないといけないな~」と

少しでも感じてくれていると思います。

 

 

ただ、明日になれば忘れているでしょう。

 

 

いや、忘れています

断言できます。

 

 

なぜなら、人間は忘れる生き物だからです。

 

 

昨日の朝昼晩のご飯を今すぐ言えますか??

僕も言えません。

 

 

だから、何か必要性を感じた瞬間

行動を起こさないとダメなんです。

 

 

本を買いに行くもよし。

ネットで調べるもよし。

 

 

でも、一番いい方法は、

実際にやっている人に聞くのが一番です。

 

 

でも、普通に生きていたら、なかなか

自分でお金を稼いでいる人って

見つからないと思います。

 

 

しかし、あなたは幸運です。

 

 

ここにいます。

 

 

僕は、独立して自分で

稼いでいます。

 

 

どうぞ僕に話を聞いてください。

 

 

本屋に行くより、

ネットで時間かけて調べるより

効率がいいと思います。

 

 

もし、あなたが必要だと思えば。

 

 

簡単に自分で稼ぐ方法を書いた

無料プレゼントもあるので、

下記からLINE追加して下さい。

 

~無料プレゼント公開中~

 

・就活でバイトに入れない

 

・就活の出費がかさんでいる

 

・急な出費で今月ピンチ。。

 

・手っ取り早くお金を稼ぎたい

 

・ラクしてお金稼ぎたい

 

そんなあなたに向けた

 

完全無料プレゼントです。

 

 

この情報はググっても

出てこないように制限しています。

 

単刀直入に言います。

 

 

1日5分で10万円を

確実に稼ぐ方法

30ページにわかりやすくまとめました!!

 

 

このブログを読んでくださった

優秀なあなたに、特別に無料で公開します。

 

 

しかし、かなり極秘情報。。

 

 

本当は、全員にお配りしたいのですが、

そうは行きません。

 

 

苦渋の決断ではありますが、

 

 

限定7名

 

 

とさせていただきます。

 

 

そのうち、有料にしようと考えているので

タダで受け取りたいなら、

今すぐ受け取ってください。

 

友だち追加
(友達追加していただくとプレゼントできます。)

 

こんな画面が出るので、

 

 

 

「追加」を押して、受け取ってください!!

 

 

 

コメント